Beschreibung

◆おまえは俺のものだ、一生……。
信じていた関係が崩れ堕ちる――独占愛の誘惑
◆「お前を妻にする」家族と自分は血が繋がっていないと告げられた日、ヴィヴィアンは兄と信じていたアンドリューに求婚された。
「こうしておまえに触れる日を待っていた」と囁くアンドリューから与えられる、甘く激しい愛撫に夜毎蕩かされ、ヴィヴィアンは情愛と罪悪感に苛まれる。
それでも、アンドリューの搦め捕るような執愛に抗うことはできなくて……。

Kundenbewertungen

Durchschnittlich

Keine Bewertung

Kundenrezensionen

Kein Eintrag